ダンス市場の拡大

ダンス必修化でダンス市場が拡大

2012年から中学1、2年の保健体育でダンスが必修化されたをきっかけに、ダンス市場が拡大しています。

 

ダンスの種目は「創作ダンス」「フォークダンス」「現代的なリズムダンス」の3つから選択できますが、文科省の調査によると、約1/3の学校がヒップホップやジャズダンスを含めた「現代的なリズムダンス」を実施すると回答しており、1番人気となっています。

 

ダンスの人気から、ダンス雑誌の発売や、ダンスイベントの開催、ダンスサイトのオープンなど、ダンスが身近な存在になりつつあります。

 

指導要領でも「仲間とのコミュニケーションを豊かにすることを重視し、自己表現する楽しさや喜びを味わうことのできる運動」と定義されており、せっかくなら楽しんでダンスしたいものです。


無料のダンスレッスンの動画の配信も

キッズダンスブームや中学1・2年生の体育の授業でダンスが必修科目になったことに伴って、歌手の安室奈美恵が所属する大手芸能事務所ヴィジョン・ファクトリーが、WEBサイト“ライジング・ダンス・スクール”内で、ダンス教則ムービーを無料配信しています。

 

教則ムービーは毎日1本ずつ更新し、DA PUMPのKENZOや、世界大会で数々の賞を受賞経験のある一流ダンサーたちを起用し、初心者でも簡単に取り組める基礎トレーニングから、上級者レベルのダンスまでを網羅したオリジナルレッスンを発信しています。

 

HIPHOPダンスの基礎となる“リズムトレーニング”のほか、“B-BOY”“HIPHOP”“HOUSE”など6ジャンルから動画を選択することができ、PC以外にも携帯電話やスマートフォンでも視聴が可能なため、好きな時に好きな場所でダンスレッスンを受講できるシステムです。

 

全配信動画は各種ダンスレッスン、学校等での教材として自由に利用することができます。

 

【ヒップホップHIPHOP レッスン1 ダウン】

 

 

初心者向けヒップホップダンスレッスン(まず基本) - YouTube


ダンス専用のシューズ「瞬足ダンス」が人気

キッズ用ダンス靴の商戦活発

現在小学校では体育の時間にリズムダンスという科目が取り入れられているほか、キッズダンスブームや、文部科学省による学校授業へのダンス科目導入の社会的変動を背景にキッズ用ダンス靴の商戦が活発になっています。

 

各靴メーカーも新商品を続々発売し、売り上げも前年比の約2倍のペースで伸びているようです。

 

注目は「瞬足ダンス(DANCE)」

瞬足ダンス

子どもに大人気のシューズ瞬足をキッズダンス専用にアキレスが開発したスペシャルモデルで、室内での使用を考慮し、「ノンマーキングソール」(床に色が付きにくいソール)、スピンしやすい「スピンピボット」、ステップしやすい「ラバーグリップ」などの機能をプラスし、回転をピタッと止めたり、ステップを刻みやすいようにしています。もちろん通学用の靴として使用できます。

 

ストリートダンスの国内人口は200万人規模といわれ、数年来、有名ダンスグループやK-POPグループの人気の影響もあり、ジュニア・ユース世代そしてキッズ世代に至るまでの若年層ダンス人口は急激な増加傾向にあります。

 

AMAZONで瞬足ダンスを検索